アドセンス審査に合格するには?ターゲットとコンセプト固めが鍵!

ブログ収益化の第一関門と言われているのが、
グーグルアドセンス審査です。

アドセンス審査の難易度は年々上がっており、
しっかり対策をしなければ
合格することはできません。

アドセンス合格のためには、

  • ターゲット
  • コンセプト

この2つを決めることが鍵となります。

この記事では、
ターゲットとコンセプトをどのように決めたら良いのか、具体例を交えて解説していきます!

目次

ズバリ、アドセンス審査に合格するには?

アドセンス審査に合格するにあたって
はじめに理解しておいてほしいのは、

ハカセ

絶対的な正解はない!

ということ。

アドセンスの合格基準は明確に示されていないため、

  • 何記事書いたらいいのか?
  • 何文字書いたらいいのか?
  • どんな内容だったらいいのか?
  • (落ちた時に)具体的にどこがダメだったのか?

これらを知ることはできません。

ただ、これやっちゃダメよ!ということは明確にされてますので、
しっかり規約やルールは読んでおきましょうね。

アドセンス合格するために気をつけるべきポイントは?

アドセンスで落ちてしまうパターンとして多いのが、
「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」という理由です。

タコちゃん

価値の低いだなんて、なんてストレートな…??

カバくん

他のサイトのコピペなんてしてないのに…!

と、アドセンス審査の沼にハマる人もたくさんいますね。

ここでこの理由を2つに分けましょう。

  1. 価値の低い広告枠
  2. コンテンツが複製されている
ハカセ

それぞれについて説明していくのじゃ!

価値の低い広告枠

Googleアドセンスとは広告のことを指します。

一度、あなたが自分のカフェを
オープンさせると想像してみてください。

そして、宣伝用にカフェのチラシを貼るとしたら、

  • 人通りの多い大通り
  • 誰も通らないような裏路地

どちらに貼りたいですか?

タコちゃん

断然、人通りが多い大通り!

タコちゃんと同様に、
ほとんどの方は人通りの多い大通りに貼りたいと考えるでしょう。

それは、人通りの多い通りの方が
人の目に触れる可能性がグッと上がるからですよね。

グーグルもどのサイトにでも広告を貼りまくりたい!
というわけではありません。

人通りが多いor多くなる見込みがあるサイトに
広告の掲載許可を出したいと考えています。

そのため、

  • 単なる日記
  • ただの自己満ブログ

これらは先ほどの説明のように
いわば誰も人の通らない裏路地系ブログなので、

価値の低い広告枠(=サイト)と判断されて
審査を落ちてしまいます。

コンテンツが複製されている

「コンテンツが複製されている」とアドセンス審査落ちをしたら、

カバくん

自分で書いたのにパクリサイト扱いになっている…?

と、ショックを受けるかもしれません。

しかし、「コンテンツが複製されている」とは、

ハカセ

類似サイトがたくさんある


と言う意味であると思いましょう。

たとえば、「オンライン英会話 オススメ」と検索してみてください。
企業のサイト、個人ブログが大量にできてきますね。

今から「オンライン英会話 オススメ」という
キーワードを使ってブログ記事を書いても、

グーグルから見たときに
類似サイトだと判定されてしまいます。

このように、
どんなに一生懸命ゼロから記事を書いたとしても、
類似したサイトがネットの世界には
ゴロゴロと転がっているのです。

となると、どうでしょう?

既に強力なライバルがうじゃうじゃする中に
新たなサイトを放り込んでも、

これは先ほどお話したような、

人通りが多いサイト or 多くなる見込みがあるサイト

これらになる可能性はとーーーっても小さくなりますね。

そのため、

  • 類似サイトが既にウジャウジャしているジャンル
  • 既に情報が溢れているジャンル

これらのブログは、アドセンス審査を合格することがとても難しくなります。

アドセンス審査合格にはオリジナリティが必須

先ほどご紹介した、

アドセンス審査落ちしやすい理由の一つである
「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)」

こちらを乗り越えてアドセンス審査に合格するためには、

ハカセ

オリジナリティのある記事を書くこと

これがマストです。

そこで疑問となるのが、

タコちゃん

オリジナリティって、どうしたらいい…?

ということですね。

オリジナリティを出すには、

  • まだ誰も書いていないこと
  • まだ誰もまとめていないこと

これらを自分の手で書く、
という非常にシンプルな方法でできちゃうんです。

タコちゃん

でも、そんなこと思いつかないよ…

そう思っても大丈夫!

しっかりとターゲットとコンセプトを決めさえすれば、
自分だけのオリジナルブログ記事を書くことができます。

では実際にどうやって記事を書いていくのか、
具体的な攻略方法を紹介しますね。

ターゲットとコンセプトを決めよう!

アドセンス審査を合格をするためには、以下の2つがカギとなります。

  1. ターゲットを決める
  2. コンセプトを決める

この2つをしっかり決めることができれば、
あとはこのコンセプトに沿って、
ターゲットのために記事を書いていけばOKです。

それではそれぞれを見ていきましょう!

ターゲットを決める

まずはターゲットを決めるところからスタートです。

タコちゃん

ターゲットって重要なの?

そう疑問に思う、そこのあなた!

ハカセ

ターゲットが最重要じゃよ

アドセンスのキモはこのターゲットです!!

タコちゃん

ターゲットターゲットターゲットターゲット

本気でアドセンスを通過したい場合は、何度も頭に叩き込んでくださいね。

ではでは、
ターゲットを決めるには、以下のリストに沿って考えましょう!

  1. 性別(例・女性)
  2. 年代(例・30代)
  3. どんなライフスタイルを送っているか(例・結婚していて子供2人)
  4. どんな悩みを持っているか(例・子供がいても土日くらいお洒落ランチしたい)
  5. その人が知りたいことは何か(例・子供を連れていけるお洒落なランチを知りたい)
タコちゃん

ターゲットは、30代女性・2人の子持ち・週末に子供連れてお洒落ランチしたい人で決定!

このような感じで、ターゲットを細かく設定します。

ターゲットを決める上で大切なことが、

ハカセ

目を閉じてその人の映像が思い浮かぶかどうか


なんでそこまで細かく設定するかって?
それは、他の記事と差別化(オリジナリティを出す)ためです。

このターゲットが決まったら、この人のためだけに記事を書きます。

コンセプトを決める

ターゲットが決まったら、

ハカセ

次はブログのコンセプトじゃ!

先ほど決めたターゲット(30代女性・2人の子持ち・週末に子供連れてお洒落ランチしたい人)の
お悩みを解決してあげるためのブログであると
一目でわかるようなコンセプトを考えます。


まずはNG例を見ていきましょう。

NG例

タコちゃん

週末にオススメなお洒落ランチ、とか?

ハカセ

もっとターゲットに、「自分のためのブログ」だと思ってもらうようにするのじゃよ!

タコちゃんが出した例だと
はじめに決めたターゲット以外にも、

独身を謳歌している20代男性でも
時間にゆとりのある60代女性でも

誰がブログの読者であってもOKな
どこにでもある記事になってしまいますよね。

わざわざ細かくターゲットを設定したのは、
他との差別化!オリジナリティ!
全てはこのためなのです。

ターゲットを想像して、その相手が
「私のためのブログだ!」と思うような
ブログのコンセプトを決めましょう。

続いて、OK例を見ていきます。

OK例

タコちゃん

ん〜〜「30代子持ちママのための週末お洒落ランチまとめ」なんてどうかな?

ハカセ

ベリーグッド!

タコちゃん、今回は素晴らしいです。
まさにターゲット(30代女性・2人の子持ち・週末に子供連れてお洒落ランチしたい人)のための記事ですね。

コンセプトはこちらで決定です。

ターゲットとコンセプトを固めてアドセンス審査に合格しよう!

冒頭でも述べたように
アドセンス審査に絶対の正解はありません。

しかし
ターゲットとコンセプトを固めることで、

アドセンス審査で最もつまづきやすい
ブログの「オリジナリティ」をクリアすることができます。

ターゲットとコンセプトを決めたら、

  • ターゲットはどんな悩みを抱えているのか?
  • ターゲットはどんな情報を求めているのか?

ここに応える記事を作成していきましょう。

目の前にターゲットを思い浮かべ、
このターゲットのためだけに記事を書いていけばOKです!

タコちゃん

アドセンス合格して収益化頑張るぞー!!!

ぜひアドセンス審査沼にハマらずに、
収益化のステップに移っていきましょうね!

スポンサーリンク

目次
閉じる