アラサー女性が自分を変えるには?人生を変える時間の使い方

このままでいいのだろうかと悩むアラサー女性は、ぜひ時間の使い方を考えてみてください。
「時は金なり」という言葉がある通り、時間はなにものにも代えられない貴重な財産です。

無駄遣いしないためにどんなことに気を付ければいいのか、ちょっとした習慣から変えていきましょう。

目次

やるべきことの優先順位をつける

人生を変えるための時間の使い方としてまず考えてほしいのが、やるべきことの優先順位をつけることです。

仕事、家事、趣味のことなど、常に何かをしなければならない状況は、かえって何も手につかずつい先延ばしにしてしまう…という方も多いでしょう。

しかしその結果ダラダラ時間を過ごしていると何も身につかず、あとからやらなければならないことに追われてしまいます。

今は趣味よりも仕事を優先すべき、仕事の中でも期限があるものを優先すべき
と、やるべきことの優先順位をつけていきましょう。

リストアップして順番を決めると次に何をすべきかが一目瞭然になります。
また、次にやることを先に決めておくと毎回決断に時間が取られてしまうことも防ぐことができますよ。

この優先順位を決めるということは、何においても習慣化しましょう。

やらなくてもいいことを見つける

やるべきことを決めたら、次はやらなくてもいいことを決めてください。

自分のためにならない飲み会への参加、すぐに忘れてしまうような内容の動画鑑賞、ただ指を動かすだけのゲームなど、毎日の中にやらなくてもいいことはたくさんあります。

1日に使える時間は限られています。
一つひとつの行動に「これは本当にやる必要があるのか?」と自分に対して問いかける習慣を身に着けてください。

やらなくてもいいことをやめればその分時間ができて、自分の人生を変えるために有効活用できますよ。

時間を可視化する

時間は目には見えません。
だからこそ無駄に過ごしていても気づきにくく、日々の悪い習慣を改善しにくいものです。
時間の使い方が上手くなりたい方は、まず時間を可視化しましょう。

そのためにおすすめなのが時間管理、タイムトラッキングアプリです。
タイムトラッキングとは作業にどれくらいの時間がかかったかを把握することを指します。
お金を毎月何にいくら使ったのかを家計簿にまとめるようなイメージですね。

作業時間を可視化することで、無駄に使っている時間を把握し、その分を他の時間に有効活用できます。
一つの仕事にかける時間だけでなく、お風呂上りから眠るまでの時間、読書の時間など、常に時間を計測する習慣を身につけましょう。

タイムトラッキング機能のあるアプリを使えば、入力するだけで時間配分を知ることができます。

操作が簡単なもの、結果をグラフで分かりやすく示してくれるもの、スマホやパソコン、タブレットなど使いたいときにすぐ使えるかという点から、最適なタイムトラッキングアプリを選びましょう。

スキマ時間を有効活用する

時間を有効活用したいけど何から始めればいいかわからないという方におすすめなのが、スキマ時間を見つけることです。

現状で無駄に時間を過ごしていても、本当に何もすることがない時間もあるはずです。
お風呂に入っているとき、電車に乗っているとき、お昼休みなど、することがない時間を見つけて有効活用しましょう。
ニュースをチェックする、本を一ページでも読む、英単語を覚える、または簡単にできる別の仕事を済ませるなどでもOKです。

まとまった時間がないから読書も勉強もできない…と思っている方は多いですが、スキマ時間は一日のうちにたくさんあります。
この時間を少しずつ埋めていくことで、より人としての成長を目指すことができます。

朝の15分間を味方につける

「朝活」という言葉が流行っている通り、朝の時間を有効活用するのは効果的です。

夜更かしするよりも朝早く起きて行動する方が気分もしゃっきりし、気持ちよく一日を過ごせます。
朝からランニング、カフェに行く、料理をするなどのまとまった時間が取れない方は15分前行動を心がけてみてください。

15分早く起きる、たったそれだけで今日やるべきことを整理できたり、勉強ができたりします。料理はできなくても、夕飯の残りをお弁当箱に詰めればランチにかかるお金やお店に並ぶ時間を節約することも可能です。

やると決めたら即行動!

「これをやらなくちゃ」と頭ではわかっているのについゴロゴロしてしまう、スマホをいじってしまう…という経験は誰にでもあるはず。
ですが、毎日のこの積み重ねがあなたの人生を奪っているかもしれません。

美容室に行く、掃除をする、散歩に行くなど、どんな些細なことでも「やる」と決めたらすぐに行動に移すようにしましょう。
心理学的に、行動に移すまでのステップが短ければ短いほど実行しやすいという研究結果があります。

部屋をキレイに保ちたいなら掃除用具をすぐ手が届く場所に置いておく、運動したいのなら前日からジャージなど運動できる服装を準備しておくなど、面倒な準備をできるだけ省いて行動を起こせるようにしてみてください。

スポンサーリンク

目次
閉じる